スポンサーリンク




女性ホルモンは卵巣から分泌されますが 、卵巣に「女性ホルモン出しなさい」と指令を出してるのは、脳です。

 

脳の視床下部にはホルモンの司令塔があり、ここから「性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)」 が放出されます。

すると、そのすぐ下にある下垂体という場所から今度は「卵巣刺激ホルモン(FSH)」と「黄体形成ホルモン(LH)」が分泌されます。

これらのホルモンは血液に乗って卵巣へと運ばれ、卵巣を刺激します。

その結果、エストロゲンやプロゲステロンが分泌されます。

 

同時に

卵巣のホルモンがどんな状態なのかも脳へと情報が伝達(フィードバック)されます。

卵巣から分泌された女性ホルモンも血液に乗って脳へ行き、それを受けて脳は

「女性ホルモンの濃度が高くなったからFSHやLHを 抑えよう」とか、

「足りないからもっと出すように指令を出そう」などと判断するのです。

 

卵巣と脳は常に連携プレーをとりながら、女性ホルモンを分泌しています。

 

例えば

精神的なストレスを受けて月経が乱れるのは、脳から卵巣への指令がうまくいかなくなるからです。

更年期に月経が乱れるのは、卵巣機能が低下して脳からの指令に十分に応えられなくなるからです。

 

表面上は同じ月経の乱れでも、原因が脳にあることもあれば、卵巣にあることもあるわけです。