スポンサーリンク




ずばり、40年余りです。

これは、女性が女性ホルモンとともに生きていける年月です。

女性の平均寿命は87歳(2014年)といわれますが、その約半分に相当します。

 

女性ホルモンは女性を一生涯にわたってサポートするものと思いがちですが、実は期限付きのお付き合いなのです。

 

出会いがあれば、いずれ別れもやって来ます。

 

出会いは「思春期」

女性ホルモン分泌量は7,8歳頃から、少しずつ増え始め、個人差はありますが、12歳前後で初経(初潮)を迎えます。

その後も20歳頃まで、さらに増加し、それにつれて体も、見た目も、内面も大きく変化していきます。

月経や乳房のふくらみなどは、まさに女性ホルモンのなせる技です。

 

ただし、月経は来るようになったものの、この時期はまだ成熟の途上です。

子宮はまだ十分な大きさには発育しておらず、月経自体も不順で、排卵もあったりなかったりします。

このような状態は女性ホルモンの増加に伴って、10年ほどかけて徐々に成熟していきます。

 

女性ホルモンの黄金期

20代になると女性ホルモンの分泌はピークに達し、次なるステージの「性成熟期」に突入します。

この時期は女性ホルモンのいわば黄金期です。

月経周期が安定し、排卵もコンスタンスに起こるようになり、妊娠・出産にふさわしい体内環境が出来上がります。

また、みずみずしい肌やつややかな髪、丸みを帯びた女性らしい体型など、見た目にも女性の美しさが全開になります。

恋愛、結婚、妊娠・出産・子育てなど、人生が大きく展開していく時期でもあります。

この性成熟期は約20年間続きます。

スポンサーリンク





 

次にやってくるのか「更年期」です

女性ホルモンが減少し、やがて卵巣からの分泌自体が止まってしまう、女性の体にとっては大きな変化となる時期です。

これまで女性の体内に当たり前のように存在していた女性ホルモンが急激に減っていくため、体だけでなく心も不安定になり、様々な不調が表れやすくなります。

月経が完全に終了してしまう「閉経」をはさみ、この時期は約10年間続きます。

 

つまり、10年かけて、長年のパートだった女性ホルモンとお別れをしていくのです。

 

思春期で始まった女性ホルモンと二人三脚は、性成熟期を経て更年期で終了です。

40年という長いようですが、本当は意外に短いお付き合いなんです。

 

スポンサーリンク